クレジットカードは欲しいけど・・・・審査に通るか不安だ・・・・

当サイトはそんな方向けに書かれております。

あなたが欲しいクレジットカードは一体どのくらい審査が甘いのか?それとも厳しいのか?

又は、あなたが気になっているクレジットカード、あなたが是非ゲットしてみたいクレジットカードは実際はどれくらいの取得難易度なのか?

それが分かる『クレジットカード審査基準サイト』といえます。

今まで数多くのクレジットカードの審査に携わってきた管理人の豊富な体験と、その他の口コミ体験談のデーターを元に、各会社のクレジットカードの審査基準をズバリ判定しております。

従って、当サイトを見る事によってあなたが欲しいクレジットカードの審査基準がだいたい分かります。

『気になっていたクレジットカードに申し込んでみたけど、あっさりと審査に落ちた・・・』という無駄な時間と労力を使わないように是非当サイトの参考にして自分にもっとも合ったクレジットカードをゲットして下さい!

クレジットカードの審査は何で決まるか?

あなたは、クレジットカードの審査は何で決まるかご存知ですか?

私はズバリ『クレヒス』『属性』『年収』で決まると思っております

特にクレジットカードの審査では「クレヒス」が大事です

クレヒスがちゃんとしていないとクレジットカードの審査には、なかなか通りません。

逆にクレヒスさえきちんとしていれば、多少ほかのことがダメでもクレジットカードの審査にあっさり通ってしまう事が多いのです。

次に大事なのが『属性』です

クレジットカード会社は「属性が高い人」には積極的に審査を通しますが、「属性の低い人」には審査を落とすことが多いです。

従って属性の低い人は、属性が低くても取得しやすい庶民的なクレジットカードを選んで申し込まなければなりません。

そして次に大事なのが『年収』ですね。

これも属性と同じく、クレジットカード会社は「年収の高い」人には審査を積極的に通しますが、「年収の低い人」には審査を落とすことがあります。

また、『年収の高さ』に合わせて『年収の安定性』も重要視します。

つまり、いくら年収が高くても毎月安定した収入が継続的になければクレジットカードの審査では不利となります

クレジットカードの審査で重要視されるクレヒスとは一体どんなものか?

クレヒスとは『クレジットヒストリー』の略語です。

そして、クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴の事です。


このクレジットヒストリー(クレヒス)が長ければ長いほど、新規のクレジットカードの審査では有利です。

なぜなら、クレジットカードを長く使っていれば使っているほど、「クレジットカードのベテラン」とみなされて信用が増すからです。

また、クレヒスの長さだけでなく、クレヒスの内容も重要です。

クレヒスの内容とは、クレジットカードをトラブルなく使っているかどうかです。

延滞などをほとんどせずに毎月キッチリとクレジットカードの返済をしている方であれば「クレヒス内容が良い」といえます。

つまり、クレヒス内容が良いということはクレジットカードの優良客ということになります。

クレジットカードを長く使っていて、尚且つ毎月トラブル無く使っている人こそが「クレヒスが長い+クレヒス内容が良い」お客は=優良客ということになり、新規のクレジットカードの審査でも有利となるわけです。

逆に年がら年中、延滞ばかりしていたり、長期の延滞をしていたり、支払いができずに自己破産や債務整理などをしてしまった人は、「クレヒス内容が悪いお客」と言うことになり、クレジットカードの審査も不利となります。

ちなみに、このクレヒス(クレジットヒストリー)は『個人信用情報機関』に履歴が登録されております。

個人信用情報機関には、「クレジットカードの契約開始年月』、『直近の請求額』、『過去24か月分の入金状況』などが記録されております。

この記録は、あなたが契約しているクレジットカードの数だけ、それぞれ登録・更新がされております。

これらの履歴情報は、個人信用情報機関に加盟しているすべてのクレジットカード会社が閲覧できるようになっております。


つまり、あなたのクレジットカード利用履歴が、クレジットカード会社に筒抜けと言う事になります。

そして、クレジットカード会社は審査時にこの個人信用情報機関に照会をして、申し込み者の過去の履歴をチェックします。

なので、あなたがもし新規でクレジットカードが欲しくなり、Aというクレジットカードを申し込んだとしましょう。

その場合、クレジットカード会社のA社は個人信用情報機関に照会して、あなたの過去のクレヒス(履歴)をチェックします。

で、あなたのクレジットカードの履歴が優秀ならば、新規のクレジットカードを申し込んだとしても審査に非常に有利となり審査にも通りやすくなります。

逆に、あなたが過去に別のクレジットカードで不払いなどのトラブルを起こしていたり、長期延滞を何度もしている履歴が残っている場合、新規のクレジットカードの審査は非常に不利となります。(ブラックリスト)

また、あなたが今まで現金主義でクレジットカードを使ったことが無い場合も同様です。

そういう場合、「クレヒスが無い(実績が無い)」ということで新規のクレジットカードの審査では少し不利となります。

ちなみに、このクレヒスの履歴がいつまで個人信用情報機関に残っているのかと言いますと、クレジットカードの契約終了後(解約後)5年間です。

従ってあなたが過去にクレジットカードのトラブルや長期延滞などでブラックリストになってしまった場合、そのカード会社の解約後5年間はブラックリストが残ります。

しかし5年経てば利用履歴やブラックリストも消えてなくなります。

よく、クレジットカードやローンの世界でブラックリストが消えるというのは、この事です。

ブラックリストの方やクレヒス内容が極端に悪い人は5年待てばよいと言う事になります。

クレジットカードの審査で重要視される「属性」とは?

クレジットカードの審査では属性が重視されます。

クレヒスと同じくらいに重要かもしれません。

属性が高ければ高いほどクレジットカードの審査が通りやすいと言えますし、属性が低ければ低いほどクレジットカードの審査が不利になるのはいうまでもありません。

ではクレジットカードでいう属性とは一体どんなものなのでしょうか?

具体例を出して解説します。

(クレジットカードの属性例)

⇒年齢

※働き盛りの年齢が属性が高い

⇒性別

※平均収入の多い男性の方が属性が高い?

⇒職業(正社員、自営業、アルバイト、契約社員等)

※当然ですが正社員が一番属性高い

⇒年収

※年収が高ければ高いほど属性が高い

⇒勤続年数

※長ければ長いほど属性が高い

⇒居住年数

※長ければ長いほど属性が高い

⇒家の種類(持ち家、賃貸マンション、賃貸アパート等)

※持ち家が最も属性高い(住宅ローンが無ければさらに良し)

⇒お勤め先の規模(上場企業、零細企業)

※当然ですが上場企業の方が属性高い

⇒固定電話の有無

※固定電話がある方が属性高い

⇒婚姻(配偶者)の有無

※結婚している方が属性が高い
しかし独身者でも収入が多くて過分所得(家庭に使う生活費など)が多ければ属性が高い

⇒同居家族人数

※生活費がかかる同居人がいなければいないほど属性が高い?

・・・・以上、ざっと書いてみましたが、他にも色々と細かい項目があるはずです

クレジットカード会社によって属性項目が異なるでしょう。


クレジットカード会社やローン会社は審査時に、上記の項目を一つ一つスコアリングして点数化していきます

点数が高ければ高いほど『属性が高い』と判断されて審査が通りやすくなります。

逆に点数が低ければ低いほど『属性が低い』と判断されて審査が通り難くなります

年収はクレジットカードの審査に影響するか?

クレジットカードの審査で気になるのがやはり年収が審査の難易度に影響するかどうかですよね?

これは結構、影響あると思います

クレジットカードの審査においては、申し込み客の年収は、重要な属性の一つであります。

ただ、単純に年収の高・低だけで審査結果が決まるわけではありません。

つまり年収が高ければ良いって言うわけではありません

そう、、、年収が高ければ高いほど審査に通りやすいとは限りませんし、、年収が低ければ低いほど審査が厳しくなるかというと、そうでもありません

クレジットカード会社でもローン会社でも、年収の高さや低さよりも「年収の安定性」を重視します。

例をあげると・・・・キャバクラ嬢のお仕事をされている女性。

彼女らは総じて高収入です。
時給自体が多いので月収はかなりのものですし、1年働いたらかなりの年収を貰えます。

しかしクレジットカード会社ではキャバクラ嬢は審査が通り難いです。
水商売に携わっている人の多くがなかなかクレジットカードの審査に通りません

これは水商売の業界がすぐに仕事を辞める人や他店に転職する人など多く、人の入れ替えが激しく仕事の定着率が悪いからです

仕事の定着率が悪いということは、月収や年収も安定していないことを意味します。

そう、、いくら時給や日給が良くても仕事の定着率が悪いと年収は不安定にならざるを得ません。

おなじく看護師の仕事もクレジットカードの審査は不利とされております。

なぜなら看護師さんも高収入ですが仕事を辞める人や転職する人が多いからです。

あと、自営業者の方。

これは言うまでもなく収入が不安定な職業です。
いくら収入が多くても今後、収入が同じように安定して入るとは限りません

従ってクレジットカードの審査は不利と言うことになります

一方で、公務員や上場企業の会社員などはクレジットカードの審査が通りやすいです。

月収20万円未満の薄給の公務員でも、収入の安定度は抜群です。

仕事の離職率も少なく定着率も抜群なのでクレジットカード会社からの信用が高いです

これは上場企業や大手に勤めているサラリーマンなども同様です

以上をまとめますと・・・・クレジットカードの審査では年収は重要な属性ではありますが、年収の高さはあまり問題ではありません。

それよりも年収の安定性をクレジットカード会社は審査で重視します。

一番有利なのは「年収が高くて尚且つ年収が安定している人」ですね。

医師や弁護士などの専門職、上級公務員、勤続年数の多い公務員や大手の会社員、勤続年数の長い会社員などがそれに当たります。

審査の甘いクレジットカードとはどんな種類のカードか?